【Linux】ファイルやディレクトリの所有者・グループを変更する【chown】

Image

Linuxでファイルやディレクトリの所有者・グループを変更する「chown」の使い方のご紹介です。

レンタルサーバーでは、ユーザーのアクセス権限や、ファイルやディレクトリの所有者・グループはあまり意識する必要のない部分になりますが、AWSやVPS、専用サーバー等で構築・運用する上では、必須の知識になるかと思います。

本記事では、ファイルやディレクトリに設定された所有者・グループの変更ができる「chown」の使い方をご紹介したいと思います。

本記事の内容

  • chownとは
  • chownの使い方
  • chownでファイルの所有者を変更する
  • chownでファイルのグループを変更する
  • chownでディレクトリのユーザーとグループを一括で再帰的に変更する

では、解説していきます。

chownとは

chownはファイルやディレクトリの所有者やグループを変更することができるコマンドになります。

ファイルやディレクトリは、基本的に作成したユーザーが所有者になっていることが多いです。ただ、所有者があまり使っていないユーザーであったり、グループであったりすると。運用上よろしくない場合があります。

そういった際にchownでファイルやディレクトリの所有者やグループを変更することができます。

chownの使い方

chownの構文は下記となります。

# chown [オプション] [ユーザー[:グループ]] [ファイル ディレクトリ]

オプションには下記を指定することができます。

-c 変更されたファイルやディレクトリの情報のみを出力します。
-f 変更に失敗してもエラーメッセージを表示しないようにします。
-v 処理した内容を出力します。
-R ディレクトリとその配下のファイルやディレクトリの所有者(グループ)を一括で変更します。

chownでファイルの所有者を変更する

chownでファイルの所有者を変更してみます。下記の例では「index.html」のファイルの所有者を「ryoy」というユーザーに変更しています。

# chown ryoy index.html

chownでファイルのグループを変更する

chownでファイルのグループを変更してみます。下記の例では「index.html」のファイルの所有者を「operation」というグループに変更しています。

# chown :operation index.html

chownでディレクトリのユーザーとグループを一括で再帰的に変更する

chownでディレクトリの所有者とグループを変更してみます。その際に再帰的、配下に存在するファイルやディレクトリの所有者・グループもすべて変更しています。

変更する所有者は「ryoy」グループは「operation」とします。オプションには再帰的な変更を指定する「-R」を記述します。

# chown -R ryoy:operation index.html

さいごに

chownはファイルやディレクトリの所有者やグループを変更する際に使用するコマンドです。サーバーを運用していく上で頻繁に使用するコマンドになりますので、使い方を覚えて効率よく運用していただければ幸いです。

以上、Linuxのchownでファイルやディレクトリの所有者・グループを変更する方法のご紹介でした!

SHARE

おすすめの書籍