Into the Program

【PHP】for文

Image

for文はwhile文と同じく繰り返し処理を制御する構文です。
while文とfor文は一般的に以下のように使い分けされます。
while文は条件を優先して繰り返し処理をしたいときに使われ、
for文は決められた回数だけ繰り返し処理をしたいときに使われます。

書式は以下の通りです。

for(初期化式; 条件式; 増減式){
  条件が満たされている間実行する処理
}

変数の値が10以下の間繰り返す処理があるとします。
while文とfor文の違いを確認してみましょう。

以下はwhile文です。

//while

<?php

$num = 0;

  while($num <= 10){
    echo $num;
    $num++;
  }

?>

以下はfor文です。

//for

<?php

  for($num = 0; $num <= 10; $num++){
    echo $num;
  }

?>

while文では繰り返し処理の前に変数を初期化し、繰り返し処理の中で変数の値を増減させました。
for文では変数の初期化、繰り返し条件、変数の増減値を一度に指定することができます。
そのため、処理の中では繰り返したい処理だけを書けばいいので結果的にコードがすっきりとします。

for文で配列を制御

繰り返し処理は配列と一緒に使用することが多い構文です。
for文で配列を扱う際の例を記載しておきたいと思います。

//sample

<?php

  $address = array("Tokyo","Osaka","Kyoto");

  for($i = 0; $i < count($address); $i++){
    echo $address[$i]."<br />";
  }

?>


Demo

実行結果はデモから確認できます。

以上のサンプルでは、文字列の値を持った$addressという配列を定義し、格納されている値を繰り返し処理で出力しました。

echoの最後の<br />は改行を表します。
一つ値を出力する毎に改行して次の処理に移行するといった内容になります。

配列のサイズはcount関数で取得しています。
$iがcount関数で取得した配列のサイズを超えると繰り返し処理は終了します。

以上のように繰り返し処理では配列の処理を容易に行うことができます。
使用する機会が多い構文ですので色々な使い方を試してみると良いでしょう。

SHARE