Into the Program

【PHP】break文

Image

break文は繰り返し処理を中断してループから抜けたい場合に使用する構文です。
もし、ある値を取り出すために繰り返し処理を行う場合、目的の値が見つかった後、繰り返し処理を続ける必要ありません。
そこで、以降の処理を中断し、繰り返し処理を抜けるためにbreak文を使用します。

以下プログラムをご覧下さい。

<?php

  $number = array(1,2,3,4,5);

  foreach($number as $value){

    if($value === 3){
      echo $value;
      break;
    }
    echo $value;
  }

?>


Demo

実行結果はデモで確認できます。
上記プログラムは、配列の中に特定の値が見つかるまで繰り返し処理を実行し、配列の内容を出力する処理を行います。
今回の特定の値とは、if文の条件にあるように、3という整数です。
numberの値が3と等しい場合はそれを出力し、breakの部分で繰り返し処理を抜けます。
実行すると1、2、3が出力されます。

もし、breakの記述がなければどのような結果になるでしょうか。
以下に上記プログラムからbreakを抜いたものを用意しました。

<?php

  $number = array(1,2,3,4,5);

  foreach($number as $value){

    if($value === 3){
      echo $value;
    }
    echo $value;
  }

?>


Demo

実行結果はデモから確認できますが、まずは予想をつけて見て下さい。
もし実行結果が予想通りであれば、breakの動きが理解できていると思います。

繰り返し処理を抜けるにはbreakする。
以上を記憶の片隅にとどめておいて貰えればと思います。

SHARE