こんにちは、ryohei(@ityryohei)です!

本記事では、Linuxでグループにユーザーを追加・削除する方法のご紹介しています。

gpasswdはグループを管理するLinuxのコマンドです。主にグループにユーザーを追加したり、削除することができます。

usermodでユーザーに副グループを設定することは可能ですが、オプションを間違えると主グループが変更される可能性があるため、安全に追加することができるgpasswdを使用したグループへのユーザーの追加・削除方法をご紹介したいと思います。

では、解説していきます。

gpasswdとは

gpasswdは、グループを管理するコマンドです。主にグループの管理ユーザーの指定や、ユーザーの追加・削除、グループパスワードの削除等で使用するコマンドになります。下記のように記述します。

$ gpasswd [オプション] [グループ名]

[オプション]部分には、下記の項目を指定することができます。

オプション説明
-a [ユーザー名]グループにユーザーを追加します。
-d [ユーザー名]グループからユーザーを削除します。
-rグループのパスワードを削除します。
-Rnewgrp(グループ権限を変更するコマンド)を利用したグループの利用を停止にします。
-A [ユーザー名1, ユーザー名2...]グループに管理ユーザーを追加します。カンマで区切ることで一度に複数の管理ユーザーを追加することができます。
-M [ユーザー名1, ユーザー名2...]-Aと併用することで、管理ユーザーとメンバーを一括で指定することができます。

グループにユーザーを追加する

グループにユーザーを追加します。

$ gpasswd -a [ユーザー名] [グループ名]

グループからユーザーを削除する

グループからユーザーを削除(除外)します。

$ gpasswd -d [ユーザー名] [グループ名]

特定のグループに所属するユーザー一覧を取得する

指定したグループに所属するユーザーの一覧を取得します。ユーザー名で絞り込む場合はgrepを追記します。

$ getent group [グループ名] 

まとめ

最後に、グループにユーザーを追加・削除する方法をまとめます。

  • ユーザー追加:$ gpasswd -a [ユーザー名] [グループ名]
  • ユーザー削除:$ gpasswd -d [ユーザー名] [グループ名]

Linuxでグループの設定変更はよく利用するコマンドになります。「gpasswd」は覚えにくいコマンド名ですが、ぜひご活用いただければと思います。

以上、Linuxでグループにユーザーを追加・削除するgpasswdのご紹介でした!