【2021/9/18】登録不要の見積書作成ツール
「SPEEC」を公開しました!

【JavaScript】小数点以下の数値を丸める【Mathオブジェクト】

こんにちは、ryohei(@ityryohei)です!

本記事では、JavaScriptで小数点以下の数値を丸める方法をご紹介しています。

Mathオブジェクトを使用して小数点以下を丸める際に、毎度のように関数を調べている気がするので、関数の概要と実行結果を簡単にまとめました。

これくらいなら覚えてしまえばいいのですが、なぜか忘れてしまう……そんな私と同じような方にご参照いただければと幸いです!

では、解説していきます。

小数点以下切り上げ

Math.ceil()は引数に指定した値の小数点以下を切り上げ、引数に指定した値以上の最小の整数を返します。

正数

Math.ceil(3.45);

//実行結果:4

負数

Math.ceil(-3.45);

//実行結果:-3

小数点以下切り捨て

Math.floor()は引数に指定した値の小数点以下を切り捨て、引数に指定した値以下の最大の整数を返します。

正数

Math.floor(3.45);

//実行結果:3

負数

Math.floor(-3.45);

//実行結果:-4

四捨五入

Math.round()は引数に指定した値を四捨五入して、もっとも近い整数を返します。

正数

Math.round(3.45);
//実行結果:3

Math.round(3.56);
//実行結果:4

負数

Math.round(-3.45);
//実行結果:-3

Math.round(-3.56);
//実行結果:-4

整数を残した単純な切り捨て

Math.trunc()は引数に指定した値の小数点を除外し、整数部分だけを返します。

正数

Math.trunc(3.45);

//実行結果:3

負数

Math.trunc(-3.45);

//実行結果:-3
Math.trunc()は「ES2015」からなので使用される場合はご注意ください。

最後に

本記事の執筆にあたりMathオブジェクトを調べるにあたって、小数点以下の数値を丸める主な関数は以外に少ないんだな、ということがわかりました。これくらいの内容であれば私でも覚えられるような気がしています。(なんて言ってますが、1ヵ月後には忘れてるでしょう。ただ、忘れてしまってもこの記事でまとめることができましたので、いつでも必要な情報を知ることができるので良しとします!)

単純に整数だけを取得したい場合はMath.trunc()が直感的で使いやすそうですが、「ES2015」からなので実装の際は要検討ですね。

以上、JavaScriptで小数点以下の数値を丸める方法のご紹介でした!

JavaScriptを基礎からしっかりと学びたい方へ

下記の参考書がおすすめです。私がJavaScript入門時に購入した書籍で、基礎から応用まで多様なサンプルを用いて解説されています。ページ数は多いですが、内容が伴っているのですらすら読めます。腰を据えて学びたい方に最良の一冊となっています。

短期間でプログラミングを習得してエンジニアになろう!

エンジニアに転職を考えている方、独学で勉強中の方必見!CodeCampなら自宅にいながら実務経験があるエンジニアからマンツーマンで指導してもらうことができます。実践的なスキルを習得して一日でも早いエンジニアデビューを目指しましょう。まずは無料体験から!

CodeCamp 公式サイトへ

おすすめの書籍