【PHP】ローカル環境

Image

前項で解説したように、PHPはサーバサイドで動作するスクリプト言語ですので、実行するためにはサーバが必要になってきます。

サーバをざっくり説明すると、クライアント(ブラウザ)から送信された情報を処理して、処理結果をクライアント(ブラウザ)に返す役割を担う機器のことをいいます。

HTMLのようにクライアント(ブラウザ)上で動作する静的な言語であれば、お手持ちのパソコンにインストールされているブラウザで確認を行うことができるのですが、PHPのようにサーバ上で動作するスクリプト言語の場合、そうはいきません。サーバを用意してあげる必要があります。

しかし、学習用にインターネット上に公開するようなサーバを構築または契約するのはもったいないので、学習用にPHPが動作するローカル環境を構築してあげましょう。ローカル環境とは、サイトの動作や表示の確認をお手持ちのパソコンで行うことをいいます。ローカル環境を構築する代表的なソフトウェアとして、以下のものがあります。

XAMPP

https://www.apachefriends.org/index.html

Xampp

XAMPPとは、PHP、Perl、MariaDBなどWebアプリケーションの実行に必要なフリーソフトウェアをまとめたソフトウェアパッケージです。ApacheFriendsという団体が提供しています。主な用途は学習用、開発用ですが、設定次第でインターネットに公開できるほどの機能を有しています。

Ampps

http://ampps.com/

ampps

Amppsとは、Aapche、MySQL、PHP、PerlなどのWEBサーバーの定番のオープンソースのソフトウェアをまとめてインストールしてくれるツールです。デフォルトソフトウェアの他に追加したいソフトウェアがあれば、管理画面から簡単にインストールすることができます。主な用途としてはXAMPPと一緒で、学習用、開発用に利用されています。

Amppsを使ったローカル環境の構築手順とPHPを実行する方法につきましては、以下の「Ampps Setup」ページで解説しています。インストールされる方はご参照ください。

Ampps Setup

次の項目ではPHPを記述する際におすすめのエディタをご紹介します。エディタとはデータの編集を行うソフトウェアです。ソースコードを記述する際に利用します。たくさんあるエディタの中から実際に筆者が使ったことのあるエディタだけを紹介しますので、選定する際の参考になれば幸いです。

SHARE