【SourceTree】「デフォルト著者を使用」のユーザー名を変更する

こんにちは、ryohei(@ityryohei)です!

本記事では、SourceTreeでコミットの際に表示される「デフォルト著者を使用」のユーザー名を変更する方法をご紹介しています。

SourceTreeのコミット時に表示されるデフォルトのユーザー名を変更したけど、どうすればいいんだろう?

上記の疑問にお答えします。

では、解説していきます。

SourceTreeで「デフォルト著者を使用」のユーザー名を変更する

SourceTreeでは、コミットする際にGitのグローバルユーザーに設定されているユーザー名がデフォルトのユーザー名に設定されます。グローバルのユーザー設定は、下記ファイルファイルで設定されてます。

C:\Users\UserName\.gitconfig

グローバルのユーザー名を変更するには下記の方法があります。

  • 設定ファイルの値を変更する
  • コマンドでユーザー名とメールアドレスを変更する

それぞれ詳しくご紹介していきます。

設定ファイルを修正してユーザー名を変更する

前項の設定ファイルをエディタで開き、[user]nameemailの値を変更します。

[filter "lfs"]
	smudge = git-lfs smudge -- %f
	process = git-lfs filter-process
	required = true
	clean = git-lfs clean -- %f
[user]
	name = test #ここにユーザー名を指定する
	email = test@test.jp #ここにメールアドレスを指定する
[core]
	autocrlf = true
[difftool "sourcetree"]
	cmd = '' \"$LOCAL\" \"$REMOTE\"
[mergetool "sourcetree"]
	cmd = "'' "
	trustExitCode = true

変更を保存してSourceTreeを再起動すると、デフォルト著者のユーザー名が下記のように変更されます。

設定ファイルに記載した内容で、デフォルトのユーザー名が変更されていることがご確認いただけます。

コマンドでグローバルのユーザー名を変更する

直接設定ファイルを修正するのに抵抗がある場合は、Gitコマンドでユーザー名とメールアドレスを変更することができます。

Gitコマンドが使用できるGit Bashやコマンドプロンプト(Macであればターミナル)で下記コマンドを実行します。

//ユーザー名(testに変更する)
$ git config --global user.name test

//ユーザーメールアドレス(test@test.jpに変更する)
$ git config --global user.email test@test.jp

コマンド実行後に設定ファイルを確認すると、ユーザー名とメールアドレスを変更することができます。

最後に

SourceTreeはGitで使用するコマンド入力をGUIで実行することができる便利なツールです。GitをGUIで操作することができるツールは他にも選択肢がありますが、GUIも見やすくシンプルなため、しばらくはSourceTreeを使用していきたいなと思います!

参考:SourceTree

以上、SourceTreeの「デフォルト著者を使用」のユーザー名を変更する方法のご紹介でした!

おすすめの書籍

Adobe Creative Cloudを通常価格で購入していませんか?

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)はAdobe社が提供するクリエイター向けのサービスです。WEB制作の幅を広げる「Photoshop・Illustrator・XD」Youtuberや動画クリエイターの編集作業に欠かせない「Premiere Pro・After Effects」など全20以上のアプリが提供されており、幅広いプランが用意されています。

コンプリートプランはAdobe CCの全20以上のアプリが使用できるプランです。多くのアプリが使用できるため定価で購入すると年間7万円以上するプランですが、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座では「基礎動画教材+Adobe CC コンプリートプラン(12ヵ月)」がセットになって39,980円(税込)で利用できます。定価より安価にAdobe Creative Cloudのライセンスを購入でき、以降のライセンス更新も可能。動画教材で基礎スキルを習得できるので、入門する方にも便利な講座です。詳しくは下記のリンクからチェックしてみてくださいね。