Advanced Custom Fieldsを更新したらエラーで表示されなくなった

こんにちは、ryohei(@ityryohei)です!

サイト制作をする際にいつも愛用しているプラグイン「Advanced Custom Fields」。簡単な操作だけでカスタムフィールドを好きなように作成できるので、様々な案件で活用しています。

久しぶりにACFを使ったサイトの管理画面を開くと、新バージョンのACFが公開されていました。

*

いつものようにローカル環境でアップデートを試みます。

*

アップデート自体は滞りなく完了し、無事「5.7.7」に更新されました。

更新後、プラグインに問題がないか表示を確認します。すべてのページを入念にチェックし、ふとあることに気が付きます。ACFで設定しているはずのカスタムフィールドの値が表示されなくなっています。

どうしたことかと思い、管理画面からACFの設定ページを確認すると、カスタムフィールドの設定がすべて消えてしまっているではありませんか。

さっそくGoogle先生に質問します。下記の記事を発見します。私の環境とはACFのバージョンが違いますが、症状としては同じものです。

Advanced Custom Fieldsの更新でエラーに

しかし、上記の記事の対応では症状は改善されませんでした。他に参考になる記事もなさそうでしたので、情報が集まるまではアップデート前の状態で運用することにして、ACFのバージョンを戻すことにしました。

ACFの旧バージョン(4.4.9)を下記のURLからダウンロードします。

ACF | Downloads

管理画面のプラグインからアップデートしたACFを「停止」>「削除」して、ダウンロードした旧バージョンのACFを下記の場所に移動します。

wp/wp-content/plugins

旧バージョンに戻すと、カスタムフィールドの設定が戻り、無事にページにも表示されました。一安心です。

ただ、ACFをずっと古いバージョンで運用するわけにはいかないので、まとめて時間が取れるときにアップデートをする予定です。おそらくカスタムフィールドを作り直すことになると思いますが、セキュリティのことを考えるとしょうがないです。脆弱性のアップデートなどは頻繁にありますし...。一番良いのは、プラグインの制作者によるプラグインの修正なので、ぜひ早期の対応をお願いします!

以上、Advanced Custom Fieldsを更新したらエラーで表示されなくなったお話でした。

プラグインを追加したり、アップデートをする前にはきちんと検証してから実行する大切さを実感しました。皆様もプラグインを扱う際には細心の注意を払って実行していただければと思います。

おすすめの書籍

Adobe Creative Cloudを通常価格で購入していませんか?

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)はAdobe社が提供するクリエイター向けのサービスです。WEB制作の幅を広げる「Photoshop・Illustrator・XD」Youtuberや動画クリエイターの編集作業に欠かせない「Premiere Pro・After Effects」など全20以上のアプリが提供されており、幅広いプランが用意されています。

コンプリートプランはAdobe CCの全20以上のアプリが使用できるプランです。多くのアプリが使用できるため定価で購入すると年間7万円以上するプランですが、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座では「基礎動画教材+Adobe CC コンプリートプラン(12ヵ月)」がセットになって39,980円(税込)で利用できます。定価より安価にAdobe Creative Cloudのライセンスを購入でき、以降のライセンス更新も可能。動画教材で基礎スキルを習得できるので、入門する方にも便利な講座です。詳しくは下記のリンクからチェックしてみてくださいね。

Adobeマスター講座はこちら