【2021/9/18】登録不要の見積書作成ツール
「SPEEC」を公開しました!

【Googleアナリティクス】特定のIPアドレスからのトラフィックを除外する方法

こんにちは、ryohei(@ityryohei)です!

本記事では、Googleアナリティクスで特定のIPアドレスからのトラフィックを除外する方法をご紹介しています。

ブログやWebサイトを公開・運営していると、運営者自身はご自身のサイトに頻繁にアクセスすることになります。記事を投稿したり、投稿内容の表示を確認したり、デザインの調整をしたりと、一番アクセスするユーザーになることは間違いありません。

また、Webサイトやブログを運営していると、海外のユーザーや不審な動きをするユーザーからのアクセスがあります。明らかにサイト閲覧が目的ではないアクセスなどになります。

これらのアクセスのログは基本的に残す必要はありませんが、Googleアナリティクスを初期設定のまま使用していると、必要のないアクセスもWebサイトに訪れた1ユーザーとしてカウントされてしまい、ログとして残ってしまいます。そうすると正確な数字を把握することができなくなり、解析結果の信頼度は下がってしまいます。

アクセス解析は運営者のモチベーションを支える重要な数字であり、運営するWebサイトやブログの運営方針を決める際にも大切なデータとなるため、正確な数字が把握できないと困ることは明白です。

そこで、今回は特定のIPアドレスからのアクセスを除外する方法をご紹介できればと思います。ご自身や解析する必要のないIPアドレスを指定することで、解析対象から除外することができます。設定も簡単なので、お困りの方はぜひ試していただければと思います。

※今回は自分のIPアドレスを除外する方法を例に解説していきたいと思います。

では、解説していきます。

アナリティクスで自分のアクセスを除外するには?

Googleアナリティクスで自分や他人のアクセスをIPアドレスで除外するには、下記のステップを踏みます。

  • 除外するIPアドレスを知る
  • IPアドレスのトラフィックを除外するフィルタを作成する

もう少し詳しく見ていきましょう!

※本記事では説明を割愛させていただきますが、訪問者のIPアドレスを知りたい場合はサーバーのアクセスログを見ていただくが、Googleアナリティクスに設定を追加することで可能となります。

自分のIPアドレスを確認しよう!

本記事では自分のIPアドレスを除外する方法を例としてご紹介を進めていきます。まずは自分のIPアドレスを下記のページにアクセスして確認してみましょう。

https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

アクセスすると現在アクセスしている接続元IPアドレスが表示されます。それをメモしておき、次の設定に進みます。

GoogleアナリティクスにIPアドレスを除外する設定を追加しよう

続いて、対象のWebサイトが登録されているGoogleアナリティクスの管理画面を開きます。管理画面左下の「管理」をクリックしてください。

管理」を開くと、画面の右端に「ビュー」と表示された列があります。その列にある「フィルタ」という項目をクリックします。


フィルタ」を展開すると赤い色の「フィルタを追加」というボタンがあるので、カーソルを合わせてクリックします。


フィルタを追加」をクリックすると「フィルタの編集」が表示されます。画像の通り③~⑦の項目を指定あるいは入力して「保存」をクリックします。


画像だと文字が見えないかもしれないので、下記を参考にご入力ください。

  • ③除外IP
  • ④除外
  • ⑤IPからのトラフィック
  • ⑥等しい
  • ⑦除外するIPアドレスを入力

③のフィルタ名は「除外IP」としていますが任意のものに変更していただいて問題ありません。

保存を押すと下記のように作成したフィルタが一覧に追加されます。


後は10分程度時間を置くと指定したIPアドレスからのトラフィックは除外されるようになります。

ちなみにここまでご紹介してきた内容は固定のIPアドレスでのみ有効な方法になります。IPアドレスが変動するスマートフォンに対して有効ではありません。

スマートフォンからのアクセスを除外する方法はないの?

一応あるにはありますが、端末やOS、ブラウザによって異なります。基本的に広告をブロックする方法と同じですが、端末名やOS、スマホ名で検索していただければ先人の方々が方法を公開してくれていますので、そちらを参考にしていただければと思います。

ブラウザによってはアドオンを利用する方法も

PC・スマホ問わず、Googleアナリティクスに対する一切のトラフィックを無効にするアドオンがあります。「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」というアドオンになります。

これを導入するとアナリティクスに対するアクセス解析を無効にできるので、ご自身のサイトはもちろん、他人のサイトにおいてもアクセスが計測されなくなります。問題ないようであればアドオンの導入を検討していただければと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はGoogleアナリティクスから自分のアクセスをIPアドレスで除外する方法をご紹介してきました。Googleアナリティクスは貴重な訪問者の情報を収集し、知ることができる便利なツールです。多様なカスタマイズが可能なので、もし訪問者のこの情報が欲しい! ということがあればGoogleなどで検索するか書籍を参考に対応しましょう。

下記の本はGoogleアナリティクスで実現したいことがぎゅっと詰まった有用な書籍です。一冊デスクに置いておくと、アナリティクスでやりたいことがぱっと引けるのでおすすめです。

以上、Googleアナリティクスで特定のIPアドレスからのトラフィックを除外する方法のご紹介でした!

短期間でプログラミングを習得してエンジニアになろう!

エンジニアに転職を考えている方、独学で勉強中の方必見!CodeCampなら自宅にいながら実務経験があるエンジニアからマンツーマンで指導してもらうことができます。実践的なスキルを習得して一日でも早いエンジニアデビューを目指しましょう。まずは無料体験から!

CodeCamp 公式サイトへ

おすすめの書籍