【PHP】現在の日時を年月日時分秒で取得する【DateTime】

こんにちは、ryohei(@ityryohei)です!

本記事では、PHPのDateTimeを使って現在の日時を年月日時分秒の形式で取得する方法をご紹介しています。

PHPで現在の日時を年月日時分秒で取得したいんだけど、良い方法ないかな?

上記の疑問にお答えします。

では、解説していきます。

日時の取得にはDateTimeクラスを使おう!

日時の取得方法はいくつかありますが、本記事ではDateTimeクラスを使用します。運用する上で修正が必要になった場合でも柔軟に対応できるかと思います。詳細は下記をご参照ください。

https://www.php.net/manual/ja/class.datetime.php

現在の日時を年月日時分秒で取得する

では、DateTimeクラスで日時を取得してみます。タイムゾーンは日本を指定して、フォーマットは年月日時分秒の形式にします。

現在の日時を取得するには、DateTimeクラスの第1引数にnowと指定します。第2引数にはタイムゾーンを。フォーマットは下記のページを参考に取得したい形式で指定しましょう。

https://www.php.net/manual/ja/datetime.format.php

本記事では月日時分秒を0を付けた形で取得したいので、下記のようになります。

<?php

//タイムゾーンを指定して現在の日時を取得する
$date = new DateTime('now', new DateTimeZone('Asia/Tokyo'));

//フォーマットを指定して表示する
echo $date->format('Y年m月d日 H時i分s秒');

下記は出力結果です。

2021年03月25日 23時23分05秒

表示したい形式で取得し、出力されていますね!

最後に

本記事でご紹介した内容はウェブサイトのお問い合わせフォームの自動返信メールに、お問い合わせ日時を記載するために使用しました。今後も使用する可能性があるので、コピペ用に残しておきたいと思います!

以上、PHPで現在の日時を年月日時分秒で取得する方法のご紹介でした!

おすすめの書籍

Adobe Creative Cloudを通常価格で購入していませんか?

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)はAdobe社が提供するクリエイター向けのサービスです。WEB制作の幅を広げる「Photoshop・Illustrator・XD」Youtuberや動画クリエイターの編集作業に欠かせない「Premiere Pro・After Effects」など全20以上のアプリが提供されており、幅広いプランが用意されています。

コンプリートプランはAdobe CCの全20以上のアプリが使用できるプランです。多くのアプリが使用できるため定価で購入すると年間7万円以上するプランですが、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座では「基礎動画教材+Adobe CC コンプリートプラン(12ヵ月)」がセットになって39,980円(税込)で利用できます。定価より安価にAdobe Creative Cloudのライセンスを購入でき、以降のライセンス更新も可能。動画教材で基礎スキルを習得できるので、入門する方にも便利な講座です。詳しくは下記のリンクからチェックしてみてくださいね。

Adobeマスター講座はこちら