【GAS】Googleカレンダーに予定を登録する

こんにちは、ryohei(@ityryohei)です!

本記事では、Google Apps Script(以下GAS)を使って、Googleカレンダーに予定を登録する方法をご紹介しています。

GASでGoogleカレンダーに予定を登録するにはどうすればいいんだろう?

上記の疑問にお答えします。

では、解説していきます。

GASでGoogleカレンダーに予定を登録する手順

GASでGoogleカレンダーに予定を登録するには、下記の処理の流れで実行します。

  • 1. Googleカレンダーを作成する
  • 2. GASで作成したGoogleカレンダーを取得する
  • 3. GASで取得したカレンダーに予定を登録する

本記事ではGoogleカレンダーのデフォルトカレンダーを取得し、予定を登録する流れで解説を進めていきます。そのため手順1のカレンダー作成の内容は省略し、手順2から解説を進めていきます。予めご了承ください。

GASでGoogleカレンダーを取得する

GASでGoogleカレンダーを取得します。作成したGASの関数内(デフォルトであればmyFunction内)に下記を記述してカレンダーを取得します。カレンダーの取得には、CalrendarAppgetCalendarByIdを使用します。

const calendarId = 'GOOGLE_CALENDAR_ID';
const calendar = CalendarApp.getCalendarById(calendarId);

GoogleカレンダーのIDは、Googleカレンダーの設定から確認することができます。Googleカレンダーを開き、マイカレンダーから対象のカレンダーのメニューを表示します。「設定」もしくは「設定と共有」の項目を選択します。

設定ページにカレンダーIDが表示されていますので、値をコピーしてGOOGLE_CALENDAR_IDの変数に代入します。

これでGoogleカレンダーのIDからカレンダーを取得することができます。

参考:CalendarApp getCalendarById();

GASでGoogleカレンダーに予定を登録する

GASで取得したGoogleカレンダーに予定を登録します。予定の登録にはcreateEventを使用します。

createEventはGoogleカレンダーに予定を登録するメソッドです。下記の引数を指定することで、対象日に予定を登録することができます。

  • 第1引数:title(予定名:String型)
  • 第2引数:startTime(予定開始日時:Date型)
  • 第3引数:endTime(予定終了日時:Date型)

実際に引数を指定して予定を登録してみます。関数全体のスクリプトをまとめてみます。

function myFunction() {

  //カレンダーIDを指定する
  const calendarId = 'GOOGLE_CALENDAR_ID';
  //カレンダーIDからカレンダーを取得する
  const calendar = CalendarApp.getCalendarById(calendarId);

  //登録する予定の変数を定義する
  const title = '予定登録テスト';
  const startTime = new Date("2022-12-15 15:00:00");
  const endTime = new Date("2022-12-15 17:00:00");

  //カレンダーに予定を登録する
  calendar.createEvent(title, startTime, endTime);

}

上記スクリプトを実行すると下記のようにカレンダーに予定が登録されます。

これでGASでGoogleカレンダーに予定を登録することができました。

参考:CalendarApp createEvent();

最後に

本記事でご紹介したように、Google Apps ScriptとGoogleカレンダーを連携することで、簡単にGoogleカレンダーに予定を登録することができます。今回は1つの予定のみを登録してみましたが、スプレッドシートに保存されているデータを使えば、予定の一括登録も可能となります。興味がある方はドキュメントを参考にアプリを作成してみてくださいね。

以上、Google Apps ScriptでGoogleカレンダーに予定を登録する方法のご紹介でした!

おすすめの書籍

Adobe Creative Cloudを通常価格で購入していませんか?

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)はAdobe社が提供するクリエイター向けのサービスです。WEB制作の幅を広げる「Photoshop・Illustrator・XD」Youtuberや動画クリエイターの編集作業に欠かせない「Premiere Pro・After Effects」など全20以上のアプリが提供されており、幅広いプランが用意されています。

コンプリートプランはAdobe CCの全20以上のアプリが使用できるプランです。多くのアプリが使用できるため定価で購入すると年間7万円以上するプランですが、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座では「基礎動画教材+Adobe CC コンプリートプラン(12ヵ月)」がセットになって39,980円(税込)で利用できます。定価より安価にAdobe Creative Cloudのライセンスを購入でき、以降のライセンス更新も可能。動画教材で基礎スキルを習得できるので、入門する方にも便利な講座です。詳しくは下記のリンクからチェックしてみてくださいね。