【GAS】スプレッドシートの最終行を取得して削除する

こんにちは、ryohei(@ityryohei)です!

本記事では、Google Apps Scriptで、スプレッドシートの最終行を取得して削除する方法をご紹介しています。

GASでスプレッドシートの最終行を取得して削除したいな。良い方法ないかな?

上記の疑問にお答えします。

では、解説していきます。

スプレッドシートを取得する

スプレッドシートを取得します。取得方法はいくつかありますが、ここではIDを指定してopenById()でスプレッドシートを取得します。

const sheet = SpreadsheetApp.openById('SPREDSHEET_ID');

スプレッドシートのIDは、取得するスプレッドシートのURLに記載されています。具体的には、下記画像の赤枠箇所にある英数字記号の文字列です。

上記IDをopenById()に渡すことで、対象のスプレッドシートを取得することができます。

参照:SpreadsheetApp.openById();

スプレッドシートの最終行を取得する

取得したスプレッドシートの最終行を取得します。スプレッドシートの最終行はgetLastRow()で取得することができます。getLastRow()は、シート最終行の行番号の整数値を返すメソッドです。

const sheet = SpreadsheetApp.openById('SPREDSHEET_ID');
const lastRow = sheet.getLastRow();

参照:Class Spreasheet | getLastRow();

スプレッドシートの最終行を削除する

最終行の行番号を使って、スプレッドシートの最終行を削除します。行の削除にはdeleteRow()を使用します。deleteRow()は指定したスプレッドシートの行番号の行を削除するメソッドです。

const sheet = SpreadsheetApp.openById('SPREDSHEET_ID');
const lastRow = sheet.getLastRow();
sheet.deleteRow(lastRow);

ここまでの内容でスプレッドシートの最終行を削除することができます。

参照:Class Spreasheet | deleteRow();

最後に

Google Apps Scriptはドキュメントがサービスごとに整備されているため、必要な機能が探しやすいです。インターネット上にも多くの方が情報を掲載されているので、学習を進めやすいのも魅力的ですね。興味がある方はぜひ触ってみてくださいね。

以上、Google Apps Scriptでスプレッドシートの最終行を取得して削除する方法のご紹介でした!

おすすめの書籍

Adobe Creative Cloudを通常価格で購入していませんか?

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)はAdobe社が提供するクリエイター向けのサービスです。WEB制作の幅を広げる「Photoshop・Illustrator・XD」Youtuberや動画クリエイターの編集作業に欠かせない「Premiere Pro・After Effects」など全20以上のアプリが提供されており、幅広いプランが用意されています。

コンプリートプランはAdobe CCの全20以上のアプリが使用できるプランです。多くのアプリが使用できるため定価で購入すると年間7万円以上するプランですが、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座では「基礎動画教材+Adobe CC コンプリートプラン(12ヵ月)」がセットになって39,980円(税込)で利用できます。定価より安価にAdobe Creative Cloudのライセンスを購入でき、以降のライセンス更新も可能。動画教材で基礎スキルを習得できるので、入門する方にも便利な講座です。詳しくは下記のリンクからチェックしてみてくださいね。