particles.jsを使って要素の背景に美しいアニメーションを表示する

Image

particles.jsはGitにて公開されているJavaScriptの軽量のライブラリになります。ウェブサイトでよく見かける幾何学模様等の美しいアニメーションを簡単に実装することができます。

どのように実装されているのか気になって調べたところ、particles.jsというライブラリにたどり着きました。particles.jsを使えば、グラフィカルなアニメーションを簡単に実装することができますので、本記事にてご紹介できればと思います。

本記事の内容

  • particles.jsの使い方
  • 設定ファイルで編集してアニメーションを変更する
  • particles.jsを使用したアニメーションのサンプル

では、解説していきます。

particles.jsの使い方

particles.jsはGitにて公開・配布されているJavaScriptのライブラリです。下記のページでダウンロードすることができます。

particles.js

ダウンロードした圧縮ファイルに必要なファイル一式が内包されています。下記のファイルを取り出し、アニメーションを表示するページの</body>タグの直前で読み込むように記述します。

<script src="particles.min.js"></script>
<script src="app.js"></script>

次にparticles.jsでアニメーションを表示したい要素に下記のidを付与します。

<div id="particles-js"></div>

もし、上記のファイルを読み込んでidを指定してもアニメーションが表示されない場合、アニメーションを描画する「canvas」の表示順が下になっている可能性があります。親要素に「position: relative」を設定し、「canvas」に下記のスタイルを定義することで解消されます。

canvas {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  z-index: 1;
}

いかがでしょうか。指定した要素の美しいアニメーションが表示されたかと思います。設定次第ではクリックやマウスオーバーにも反応するアニメーションを実装することができます。

下記は、デフォルトの状態でparticles.jsのアニメーションを実装したデモになります。

Demo

デモではメインビジュアルにアニメーションを表示してみました。開発ツールでソースを見ていただければおわかりになると思いますが、指定したid要素の直下にcanvasが追加されていると思います。canvasに描画することで、美しいアニメーションが滑らかに動いていますね。

また、particles.jsでは幾何学模様だけではなく、設定ファイルを変更することで様々な形のアニメーションを描画することができます。下記でparticles.jsで設定可能な項目をご紹介したいと思います。

particles.jsの設定ファイルを編集する

particles.jsでアニメーションを細かく設定するには、上記で読み込んだ「app.js」という設定ファイルを編集します。「app.js」の内容を変更することで、様々な形や色、動きのアニメーションを実装することができます。

下記「app.js」の各項目に日本語のコメントを記載いたしました。設定を変更して色々なアニメーションを実装してみてくださいね。

particlesJS('particles-js', //アニメーションを表示する要素(id)を指定する。同名のclassが存在する場合は動作しない
  {
    "particles": {
      //シェイプ数
      "number": {
        //要素内に表示するシェイプの数
        "value": 80,
        "density": {
          //シェイプ表示間隔設定
          "enable": true, //true:有効, false:無効
          //シェイプ表示間隔
          "value_area": 1000
        }
      },
      //シェイプ色
      "color": {
        "value": "#ffffff" //複数指定["#ff7fbf", "#ff7fff", "#bf7fff"]
      },

      //シェイプの設定
      "shape": {
        //シェイプ形
        "type": "circle", //設定値:circle, edge, triangle, polygon, star, image, 複数指定["circle", "triangle", "image"]

        //シェイプボーダー設定
        "stroke": {
          //ボーダー幅
          "width": 0,
          //ボーダー色
          "color": "#000000"
        },
        //シェイプの形でpolygonを指定した場合
        "polygon": {
          //ポリゴン角数指定
          "nb_sides": 5
        },

        //シェイプの形でimageを指定した場合
        "image": {
          //画像パス
          "src": "img/github.svg",
          //画像幅
          "width": 100,
          //画像高さ
          "height": 100
        }
      },

      //シェイプ透過率指定
      "opacity": {
        //透過率指定
        "value": 0.5,
        //ランダム設定
        "random": false, //true:有効, false:無効

        //透過アニメーション設定
        "anim": {
          //アニメーション設定
          "enable": false, //true:有効, false:無効
          //アニメーション速度
          "speed": 1,
          //アニメーション最小透過率
          "opacity_min": 0.1,
          //アニメーション同期
          "sync": false //true:有効, false:無効
        }
      },

      //シェイプサイズ
      "size": {
        //シェイプサイズ指定
        "value": 5,
        //ランダムサイズ
        "random": true, //true:有効, false:無効
        //サイズアニメーション設定
        "anim": {
          //アニメーション設定
          "enable": false, //true:有効, false:無効
          //アニメーション速度
          "speed": 40,
          //アニメーション時のシェイプ最小サイズ,
          "size_min": 0.1,
          //アニメーション同期設定
          "sync": false //true:有効, false:無効
        }
      },

      //シェイプを線で繋ぐか
      "line_linked": {
        //線の設定
        "enable": true, //true:有効, false:無効
        //線の間隔
        "distance": 150,
        //線の色
        "color": "#ffffff",
        //線の透過率
        "opacity": 0.4,
        //線の幅
        "width": 1
      },
      //シェイプの動きの設定
      "move": {
        //動きを制御するか
        "enable": true, //true:有効, false:無効
        //動く速度
        "speed": 6,
        //動く方向
        "direction": "none", //none, top, top-right, right, bottom-right, bottom, bottom-left, left, top-left
        //ランダム設定
        "random": false, //true:有効, false:無効
        //静止状態にする
        "straight": false, //true:有効, false:無効
        //シェイプの動き
        "out_mode": "out", //ボックス内で動かす bounce ボックス外に逃がす out
        "attract": {
          "enable": true,
          "rotateX": 600,
          "rotateY": 1200
        }
      }
    },
    "interactivity": {
      "detect_on": "canvas",

      //マウスイベント設定
      "events": {
        //マウスオーバー時の処理
        "onhover": {
          "enable": true, //true:有効, false:無効
          "mode": "grab" //grad:付近のシェイプと線を繋ぐ, bubble:拡大, repulse:拒絶
        },

        //クリック時の処理処理
        "onclick": {
          //クリック時の処理
          "enable": true, //true:有効, false:無効
          //クリック時の処理の設定
          "mode": "push" //push:追加, remove:削除, bubble:拡大, repulse:拒絶
        },
        "resize": true
      },
      //以下でマウスイベント発生時の詳細値を設定
      "modes": {
        "grab": {
          "distance": 200,
          "line_linked": {
            "opacity": 1
          }
        },
        "bubble": {
          "distance": 400,
          "size": 40,
          "duration": 2,
          "opacity": 8,
          "speed": 3
        },
        "repulse": {
          "distance": 1
        },
        "push": {
          "particles_nb": 4
        },
        "remove": {
          "particles_nb": 2
        }
      }
    },
    //Retina Display対応
    "retina_detect": true, //true:有効, false:無効
  }
);

particles.jsの使用例

最後にparticles.jsを使用したサンプルをご紹介します。色々なパターンのアニメーションを簡単に実装できるので、試して頂ければと思います。

See the Pen Particles – Snows by Ryohei (@intotheprogram) on CodePen.

四角形

See the Pen Particles – Square by Ryohei (@intotheprogram) on CodePen.

ポリゴン

See the Pen Particles – Polygon by Ryohei (@intotheprogram) on CodePen.

もし、canvasのアニメーションについて深く知りたい方は下記の参考書がおすすめです。全体を通してわかりやすい構成で、サンプルスクリプトを使って丁寧に解説されていますので、基本からしっかりと身につけることができる一冊となっています。

以上、particles.jsを使って要素の背景に美しいアニメーションを表示する方法のご紹介でした!素敵なアニメーションを実装していただければ幸いです。

SHARE