こんにちは、ryohei(@ityryohei)です!

本記事では、さくらのレンタルサーバーのサーバーコントロールパネルで設定することができる転送設定の内容についてご紹介しています。

では、ご紹介していきます。

さくらコンパネの転送設定は302リダイレクトになる

さくらのレンタルサーバーのコントロールパネル(以降コンパネ)には、リダイレクトの設定ができる項目があります。HTTP→HTTPSに転送する設定と、www有無の統一を設定することができます。設定をオンにすると、サイトは転送(リダイレクト)されるようになり、設定した内容のURLでページが表示されます。すごく便利な機能です。

両方の設定を入れるとURLが下記のように変化します。コンパネから設定するだけで済むので、かなり便利な機能ですね。

設定前)http://example.co.jp
設定後)https://www.exmple.co.jp

ただ、上記の設定をオンにする前に一点だけに知っておいて欲しいことがあります。

さくらのレンタルサーバーのコンパネからリダイレクト関連の設定をすると、302リダイレクトの扱いになります。301リダイレクトではなく、302リダイレクトです。下記の機能紹介ページでもそうですし、サポートに問い合わせた結果も同様の回答でした。

https://help.sakura.ad.jp/360000338406172/

リダイレクトには大まかに301と302のステータスがあり、それぞれざっくりと下記のような扱いになっています。

ステータス内容
301恒久的(永久的なURLの変更を示す転送)
302一時的(1~2週間程度の一時的な転送)

上記の通り、HTTPSへのリダイレクトや、www有無の統一は基本永久的なため301リダイレクトの方が適しています。しかし、さくらのコンパネからHTTPS転送設定をすると302リダイレクトになります。一般的に301リダイレクトはSEOの評価が引き継がれ、302は引き継がれないとされています。リダイレクト前と後で表示されるページの内容が同じであれば301リダイレクトが適しています。302リダイレクトはメンテナンス中等で一時的に別ページを表示する場合に設定することが多いです。

301リダイレクトするにはどうすればいいのか

従来通り.htaccessでリダイレクトを設定しましょう。

サポートの回答もそうでしたし、前項でご紹介したリンク先にも記載されています。せっかくコンパネからリダイレクトの設定ができるので、301か302か選択できればかなり便利なのですが、現状はできないようです。あくまで現状なので、今後に期待ですね!

最後に

本記事でご紹介した内容は、さくらのレンタルサーバーのコンパネから簡単に設定することができるようになっています。リダイレクトの設定は基本的に.htaccessで設定して、302リダイレクトで問題ない場合はコンパネから設定するなどして、ステータスコードを意識して使い分けた方が良いかもしれませんね。

以上、さくらコンパネのHTTPS転送設定についてのご紹介でした!